母の日に、地元の母に、東京デパ地下ならではのスイーツを持って帰りました

母の年齢は、55歳です。いつから母の日を祝うようになったかは覚えていませんが、幼稚園くらいから、物心ついたころから、何かしらをあげたり手紙を書いたりしていたと思います。
今年は、母の日の1ヶ月くらい前から、そのタイミングで実家に帰れる予定がたてられたので、そのときから母の日のプレゼントを探しはじめました。なので、1ヶ月前から、東京のスイーツを探し出しました。
いつもだと、距離があって郵送なので、ハンカチとか、バッグとか、そういった物ばかりあげていたのですが、スイーツ好きの母には、いつか東京で有名なスイーツをあげたいと思っていたのです。
2013年に見つけた珍しい母の日スイーツは、モンシェールのシュークリームです。http://www.mon-cher.com/top.html 
モンシェールは、ロールケーキでも有名ですが、このシュークリームが、とても美味しくて大好きなのです。銀座三越のデパ地下でみつけて、それ以来、自分ではマイベストスイーツのひとつと思っています。それに、母にもその話を何度もしていました。
値段は、一個200円くらいで、とても安いのです。でも、売っている時間が限定なので、お店にその時間にいくしかありません。なので、出発する日に、銀座三越までいって、それを買って、そのまま空港にいきました。メッセージカードなどはつけませんでしたが、そのエピソードを話してあげました。
有名な東京デパ地下スイーツが、母に大好評だったので、来年も、郵送できる美味しいスイーツをデパ地下で探したいと思っています。


広告